歯周病 について

その言葉のとおり、歯そのものの病気ではなく、『歯』を支えているその周囲の組織の病気です。家に例えると、家そのものが壊れるのが、虫歯であり、その土台の病気が歯の根や神経の病気であり、さらにその土台を支える基礎となる部分、つまり家の建っている土壌そのものが崩れてしまうのが歯周病なのです。
また、この病気はほとんど無症状に進行し、気づいてからでは手遅れになってしまうことも稀ではありません。

歯周病は歯肉に炎症が起こることから始まります。歯肉に炎症がおこると、歯肉が赤く腫れたり、ブラッシング時に出血したりします。その炎症の原因は、歯の表面に付着した細菌の塊(プラーク)であります。このプラーク(歯垢)は、歯面に強固に付着しており、うがいなどでは決して落ちることはありません。

すべての歯と歯肉の間にできた隙間(歯周ポケット)の深さと歯周組織の炎症の状態や破壊の程度をレントゲン写真撮影や歯周ポケットプローブという器具を用いて検査を行います。 病名として歯周病と一言でまとめられますが、その程度の差によって治療方法、難易度、予後の予測が大きく異なります。
定期的に検査を受けることが大切です。

歯周病の主な原因はプラークではありますが、歯周病の発症や進行には、生体の抵抗性や感受性などが影響し、さらに、遺伝的因子や環境因子などが考えられます。具体的には、喫煙、糖尿病、性別、年齢、ストレスなどです。
現在のところ、歯周病に関与する最も危険因子たと言われているのが、喫煙と糖尿病です。

日頃の管理が 大切

歯がぐらつき、歯ぐきから膿が出てくる。又は、口臭がする。なんとなく歯ぐきが腫れぼったい。このような症状があったら歯周病が疑われます。歯周病は虫歯のような激しい痛みが出にくいので、気づいたときには歯を抜かなければならないということもあります。

噛み合わせが悪い場合や喫煙、糖尿病などの全身的な問題がある場合も歯周病が悪化しやすくなります。歯周病は「沈黙の病気」といわれ、病状が進行してもあまり症状がわかりにくい特徴があります。

気づいたときには重症になってしまって手遅れになることが多いため、日頃から予防、早期治療に努めることが大切です。

気になる症状がありましたら一度ご相談下さい。

光殺菌 治療

光殺菌治療とは?


感染部分に光感受性物質を注入し、光を照射することで殺菌する安全な治療法です。

医科では早期がんの治療法として


医科では1990年ごろから光やレーザーを用いて、肺、食道、胃、子宮頸部などの早期がんに対して治療を行う光力学療法(PDT=Photo-Dynamic Therapy)という治療法があります。

歯科では殺菌治療法として


歯科では数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法としてLAD治療が急速に普及しています。
LADはLight Activated Disinfectionの略で、日本語では「光殺菌」と訳され、光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺菌する画期的な治療法です。

どのような治療に有効?


細菌が引き起こす病変の治療に有効です。

その他、カリエス、歯冠周囲炎、アフタ、ヘルペス、扁平苔癬、真菌など

光殺菌(LAD)治療の特徴


  • 痛みはありません
  • あらゆる細菌に効果を示します
  • お薬(抗生物質)を使わないため耐性菌が発生しません
  • 副作用はなく、繰り返して治療に利用できます。

※ 光過敏症の患者さまには利用できません。

 

光殺菌(LAD)装置 FotoSan630


当院は光殺菌(LAD)治療で世界をリードするCMS dental社のFotoSan 630を使用しています。

※FotoSan630は最先端医療機器のため、日本ではまだ承認されていない医療機器です。
  当院ではその安全性と効果を確認の上、 歯科医師の裁量のもと治療に取り入れています。

光殺菌(LAD)治療の手順


痛みの無い、体に優しい治療です。

どのような場合に使用する?


とどめの一撃

通常の治療の上に光殺菌(LAD)治療を行うと、「とどめの一撃」としての殺菌効果が期待されます。これまでの治療方法では除去し切れない細菌を死滅させ、個人差はありますが感染の再発防止に大きく貢献します。

予 防

加えて、光殺菌(LAD)治療は予防にも有効です。歯周病やインプラントの定期健診、矯正治療中のメンテナンスの際に予防的治療として光殺菌(LAD)治療が効果を示します。

よくあるご質問


治療中、痛みはありませんか?

全くありません。若干の熱と振動があるだけです。

光感受性ジェルはどんな味がしますか?